トップページ > 駆動系 > トランスミッション

 

トランスミッション

310サニー  日産56Aミッション

 

オーナーさんからミッションの3速がギア鳴りするとの事で入庫しました。

それと以前に中古品で購入した「56Aオプション1」というレア品ミッションが、本物かどうかの確認も含みます。

 

310サニー
310サニー

まずは室内のシフトレバーを取り外し → プロペラシャフトのジョイント部を分離 → ミッションオイルを抜く(画像右上)の順番で作業を進めます。

 

310サニー
310サニー

ミッションジャッキを下部にかまし、(画像左上)ミッションケースとエンジンブロックとの接合ボルトを外していきます。ミッション本体が外れたら(画像右上)この時にクラッチ廻りの外観に、異常が無いか目視確認を行います。

例えばクラッチカバーが変な色に焼けていたら、オーナーさんに報告を入れ、同時に交換作業をするかどうかの判断をお願いしています。

 

310サニー
310サニー

外観からはレア品ミッション「56Aオプション1」かどうかは分からないので不安ですが、ミッションケース後部のボルトを外し、いよいよ分解開始となります。

 

310サニー
310サニー

次にセンタープレートとミッションケース前部を分離し、ギアASSYが姿を現しました。

 

310サニー
310サニー

メインシャフトを回転させ(画像左上)それぞれのギアの歯車数を数えます。 その結果・・・

あれ!?  歯数が違う??  もしかして普通の56A???  つまり「56Aオプション1」ではない(涙)・・・

このようにオークション等で中古品を購入する場合には、取引相手の素性に注意しましょう!

そして3速のギア部分に欠けている箇所があり、ギア鳴りの原因を発見しました。右上の画像では分かりにくいので、分解後に拡大画像をお見せします。

 

310サニー
310サニー

3速ギアの交換が必要となりましたが日産純正部品は廃盤なので、当店にストックしていた中古部品(画像左上)に交換する事となり更に分解を進めます。

 

310サニー
310サニー

センタープレートを分離(画像左上)し、ようやく3速ギアまで分解しました。黄色線枠内(画像右上)を見て頂くと下半分が欠けて無くなっているのが分かります。上記でも述べましたが、これがギア鳴りの原因となります。

 

310サニー
310サニー

オーナーさんの意向で部品交換が可能な箇所は、オーバーホールしてほしいとの事なので、カウンターシャフトのベアリングを圧入機を使って新品に交換します。

 

310サニー
310サニー

次にメインシャフトのベアリングも同様に、新品に交換する為に圧入機を使って脱着(画像左上)を行います。

ギアやベアリングの組み付けが完了しましたら、次はセンタープレートを洗浄(画像右上)して組み付けを行います。

 

310サニー
310サニー

しかしここで問題発生! 洗浄したセンタープレートを組み付けたところ(画像左上の奥側)、ベアリングがはまる丸い穴部分にガタが発生しているのが見つかり交換が必要となりました。

しかし・・・ 3速ギアと同様にセンタープレートも日産純正部品は廃盤となっいていますので、当店にストックしていた中古部品(画像左上の手前)に交換となりました。

最後はシフトフォーク部を組み付けて(画像右上)ミッションケースに戻し、車両に装着してミッションオイルの注入やシフトレバーを装着すれば作業完了となります。

KGC10ハコスカ  日産71Bミッション

KGC10ハコスカ
KGC10ハコスカ

当店のお馴染みさんがバック走行時のギア異音と、ギア抜けするとの事でご来店されました。

このハコスカは真っ赤なボディに3ナンバーを公認取得し、オートポリスサーキットも走行する外観に引けを取らない本格派仕様となっています。

 

KGC10ハコスカ 71Bミッション
KGC10ハコスカ 71Bミッション

 まずは車両からミッションを降ろし、ミッションケースの後部カバーを外します。 (画像左上)

ハコスカの事をよくご存知の方でしたらこの画像を見て、ミッションが71Aではなく71B(D30Rスカイライン等で採用)である事に気付かれると思います。 

続いてメインシャフトのアッセンブリー(アセンブリー)をミッションケースから分離します。 (画像右上) 

この時点で依頼内容であるバック走行時のギア異音と、ギア抜けの原因が判断できました。

 

KGC10ハコスカ 71Bミッション
KGC10ハコスカ 71Bミッション

画像左上の黄色丸内を拡大したのが右上の画像となりますが、歯車の頭の部分が丸みをおびて角ばって無い事がお分かり頂けると思います。

今回の不具合の原因はミッションギアの磨耗(変形を含む)により、歯車同士がカチッと噛み合わずに、ずれが生じる事によって異状音やギア抜けを発生していた事がわかります。

このような症状の場合、過走行による事も要因の一つですが、走行時に車両が完全に停止していない状態でバックギアに入れる事により、ギア磨耗が進行してしまう場合もありますのでご注意下さい。

 

KGC10ハコスカ 71Bミッション
KGC10ハコスカ 71Bミッション

リバースギアも磨耗が若干ありましたので、部品交換の対象となりました。

画像左上のギアが装着されていた物で、画像右上のギアが新品となります。画像ではわかりにくいかもしれませんが、画像左上のギア内周部の表面で銀色に光っている部分が削れてしまっている箇所となります。

 

 

ミッションの種類・交換部品・状態によりオーバーホールの合計金額は上下しますが、日産71Bのミッション単体であれば工賃のみで21,000円(税込)となります。

ミッションの脱着工賃はL型エンジン搭載車で、26,250円(税込)~36,750円(税込)(エキマニやキャブレターの脱着有無により変動)となります。