トップページ > 燃料系 > 燃料タンク

 

燃料タンク

AE86 レビン  安全タンク装着

AE86レビン 燃料タンク交換
AE86レビン 燃料タンク交換

 

このAE86レビンはガレージに長期保管されていた車両でしたが、この度オーナーさんが復活させるとの事でメンテナンス及び、サーキット走行車両としてチューニングを実施する事となりました。

 

燃料タンクを分解してみると、見た目だけでも十分にご臨終状態の燃料ポンプ(画像右)が確認出来ました。 

長期不動車や低年式車の場合、高い確率でこの様な状態になっている事が多いです。

AE86レビン 燃料タンク交換

AE86レビン 燃料タンク交換
AE86レビン 燃料タンク交換

燃料ポンプがこのような状態であると燃料タンク内部(画像右上)も予想通りに錆が充満しており、再利用しても燃料ポンプや燃料フィルターが目詰まりを起こして燃圧低下によるエンジン息つきや、最悪の場合エンジンブローの危険性が考えられます。  

何れにせよサーキット走行を前提としたメンテナンス&チューニングなので、純正燃料タンクは再使用しません。

 

AE86レビン 燃料タンク交換
AE86レビン 燃料タンク交換

社外品の燃料タンク(安全タンク)を装着する場合、作業工賃を節約する為にトランクルーム内パネル上部に固定するという方法もありますが、今回は重量物(燃料タンク+ガソリン)の重心を低くする為にトランクルーム内のパネルを切断加工(画像右上)し、低い位置に設置する事となりました。

 

40Lクラスのタンクですと重量は約8kgで、ガソリン40L満載ですと約30kg(水との比重差は約0.75倍)の計38kgとなります。 小学校6年生一人分の重量が高い位置にあるのと低い位置にあるのでは、重心による走行挙動に影響がでるのはイメージ出来ますよね。

 

AE86レビン 燃料タンク交換
AE86レビン 燃料タンク交換

パネル加工した穴にATL製の燃料タンクを装着(画像左上)し、燃料ホースや燃料ポンプを装着して完成となります。

エンジンは5AGキャブ仕様(約1,700 cc)なので、燃料系は下記の①②③のパーツ(画像右上)をチョイスしました。

 

① 一次ポンプ ニスモ製 燃料ポンプ(低燃圧タイプ)

② 二次ポンプ 亀有エンジニアリング製 FJ20用燃料ポンプ

③ コレクタータンク

 

 

リアバンパー下部から燃料タンクを見た時の外観は、画像右の様になります。

 

燃料タンク設置方法・燃料ライン取り回し・車種構造により作業工賃は幅が広いので 、検討してみたいという方はお気軽にご相談下さい。

AE86レビン 燃料タンク交換

70系 ランドクルーザープラド  燃料ライン交換

ランドクルーザープラド70系 燃料ライン交換
ランドクルーザープラド70系 燃料ライン交換

駐車しているとリアタイヤ付近の地面に、何かしら液体が垂れるとの事でご来店されました。

外観目視による点検を実施した結果、燃料タンク周辺が原因と判断しタンクを取り外します。(画像右上)

 

ランドクルーザープラド70系 燃料ライン交換
ランドクルーザープラド70系 燃料ライン交換

燃料タンク自体のガソリン漏れはありませんでしたが、エンジンルームにガソリンを送る配管が錆で腐っており(画像左上)、付け根部分は折れる寸前の状態(画像右上)でした。

これは非常に危険な状態で、漏れたガソリンがマフラーの熱にもし引火したら、車両火災や大爆発となります。

 

ランドクルーザープラド70系 燃料ライン交換
ランドクルーザープラド70系 燃料ライン交換

配管(燃料ライン)の修理は不可なので、新品部品(画像左上の手前)に交換が必要となります。

燃料タンクから錆びた配管を取り外して、新品部品を装着(画像右上)します。

 

ランドクルーザープラド70系 燃料ライン交換
ランドクルーザープラド70系 燃料ライン交換

オーナーさんは冬季にスノボーをされるとの事で積雪地方に行かれるそうですが、道路に撒かれた凍結防止剤(塩化カルシウム 等)が原因と思われる車体底面の錆(画像左上)が目立ちます。

燃料タンクを車体に装着(画像右上)し、ガソリンの配管を繋げて作業完了となります。